ダイエットが失敗の原因

ダイエットが失敗する原因は、自律神経の乱れにあったからです!つまり、自律神経が乱れていると太くになるリスクが高いだと言うことです。

自律神経とは、意志とは無関係に作用する神経で、消化器・血管系・内分泌腺・生殖器などの不随意器官の機能を促進または抑制し調節します。自律神経が乱れると満腹感を感じる食欲中枢にも影響を与えやすく、食べても食べても満腹感のない状況に陥ってしまいやすくなります。

「あまり食べていないのに痩せない」、「食べても太れない」という人がいますが、全ては自律神経の乱れに原因があると思われます。しっかり食べても太らない理想的な体質になるには・・・自律神経の乱れを「整える」ことがとても重要になってくるのです。