痔について

痔とは一体どんな状態を示しているのでしょうか?

痔とは肛門の病気の総称です。3つの大きな病気として、「痔核じかく(いぼ痔)」と「裂肛れっこう(きれ痔)」と「痔瘻じろう」があります。一番多いのは「痔核じかく」で男女とも患者さんの半数を占めます。

肛門の病気全体の90%以上を占める「三大肛門病」として人に言えない不快症状や痔の痛みとして改善しにくい悩みです。

内訳は50%が内痔核、外痔核、脱肛などの「いぼじ」、25%が肛門の周囲が化膿する「じろう」、15%が硬い便で切れて痛い「きれじ」です。

残りの10%ではありますが、この狭い場所に様々な大変な病気が潜んでいるので注意を要します。つまり、ガンなどの腫瘍性の病気、腸がとび出る直腸脱、お尻を洗いすぎて起きる肛門周囲皮膚炎、年齢や手術後の肛門機能不全、お尻が気になる肛門神経症、クローン病や潰瘍性大腸炎の随伴病変など色々です。

痔の場合、早期治療すれば改善の見込みは高いのですが、現在でも何故か男性だけでなく女性の痔や妊婦の痔として重症になってから悩みだす人が跡を経ちません。

だからこそ、少しくらい放っておいても大丈夫と勝手な自己判断で症状を悪化させることも少なくないようです。恥ずかしがらずに痔ときちんと向き合って、快適な生活を取り戻しましょう。