ペニス短小と包茎

男性にとってペニスの短小はコンプレックスになるのです。実はこれも包茎が原因となる場合があります。

本来、亀頭は包皮が剥けた状態で成長するものですが、包茎の人は常に亀頭が包皮に覆われているため、亀頭の成長が妨げられ、先細った短小のペニスになってしまう危険性があるのです。先細りの亀頭になると、セックスの挿入時に女性に快感を与えにくくなってしまいます。

とくに包皮と亀頭が癒着を起こしていて、平常時も剥くことができない真性包茎の人は、短小のペニスになりやすい傾向があります。簡単に亀頭を露出させることができる仮性包茎とは違い、真性包茎は無理に剥こうとするとペニスを傷つける恐れがあるので、自力で矯正しようとするのは非常に危険です。重度な真性包茎の場合は、マスターベーションで痛みが生じ、正常なセックスをすることはまず不可能といえます。

同様にカントン包茎の人も、無理に剥こうとすると亀頭の根元が包皮で締め付けられたまま、元に戻らなくなってしまう可能性があるため、十分な注意が必要といえます。また、カントン包茎もセックスの挿入時に意図せず包皮が剥けてしまい、締め付けられた亀頭が鬱血状態に陥るケースもあります。