近視(きんし)について

眼が悪いと思う多くの方がこの近視(きんし)に当てはまるのではないでしょうか?

近視(きんし)は屈折力が強すぎ、網膜の手前で焦点が合ってしまいます。簡単に言うと、近くの物が良く見え、遠くの物が見えない眼の事です。

近視(きんし)の屈折異常の一番大きな原因は、遺伝的要因と言われています。眼球の構造的な理由で起こる屈折異常の場合、遺伝因子を受け継いでいる可能性が高いといわれます。しかし、両親とも近視(きんし)でも、子供はそうでない場合などもあります。

環境要因も屈折異常に関わっているといわれます。パソコンやゲームなどによる目の酷使、ストレス、ビタミン欠乏などがあげられます。照明に気をつけたり、作業中も目を休ませるなど、普段から、目を労わるように気をつけましょう。

近視(きんし)は、角膜から網膜までの長さが正常より長すぎるために起こる軸性近視(きんし)と角膜や水晶体の光を曲げる力が強すぎるために起こる屈折性近視(きんし)に分けられます。

・軸性近視(きんし)

遺伝が原因とされている近視(きんし)で、光の調節が正常であっても眼軸の長さが長く、網膜が本来と違う場所(奥)にあり、焦点が合わず、見えないという現象。

・屈折性近視(きんし)

眼を使いすぎる人になりやすい症状で、従来眼の水晶体が光をコントロールし網膜の上と焦点があった時にハッキリと見えるのですが、この場合眼の使いすぎで水晶体が厚くなりすぎ、光を調節する力が強くなる為、コントロールを失い、網膜の手前で焦点を合わせてしまいます。その結果、拡散した光が届いてしまい、物がボヤケて見えるという現象。