依存症

  • 依存症の一番怖いタイプ

    タバコ依存症、アルコール依存症、薬物依存症が依存症の中で一番怖いタイプです。一般的には嗜癖・「中毒」と呼ばれることも多いです。例え“タバコ中毒”、“アルコール中毒”、“薬物中毒”の呼び方もあります。
    これらの依存症の場合は、物質を摂取しすぎると、身体にこれらの物質に対する耐性ができ、「身体依存」の状態になってしまうからです。たとえばタバコ依存 症の場合は、禁煙から何年もたった後であっても、ある時一本でも吸ってしまえば、また際限なくタバコを求める日々の繰り返しです。したがって「やめる」と 決めたら、その物質を生涯断たねばなりません。
    これらの依存症は他の依存症と違い、「身体依存」になった場合には、一生その体質と付き合っていかなければなりません。

  • 依存症とは

    まずは、依存症はなんだろうか知らなければなりません。
    依存症とは、精神に作用する化学物質の摂取や、ある種の快感や高揚感を伴う特定の行為を繰り返し行った結果、それらの刺激を求める抑えがたい欲求が生じ、その刺激を追い求める行動が優位となり、その刺激がないと不快な精神的・身体的症状を生じる精神的・身体的・行動的状態のことであります。世間一般ではまだまだ「心の弱い人がかかる病」「自己管理が出来ていない人間が周囲に迷惑をかけているだけ」といったイメージがあります。

    Continue Reading

2件

件ごと